Warning: Use of undefined constant HTTP_USER_AGENT - assumed 'HTTP_USER_AGENT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/naish/pinkkinoko.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/header.php on line 1
価格破壊,ショップ | 電気代節約と節約主婦

価格破壊,ショップ

価格破壊ショップ通常よりも安く売っているショップを突き止め、そこで購入したものをヤフオクに出品する。通常よりも安く売っているショップがあります。その情報が世間に知られていないとしたら、そこで仕入れた商品を転売できます。たとえば、会員制スーパーのコストコがあります。会費で利益を上げるビジネスモデルなので、全商品を格安価格で売っています。→ コストコ http://www.costco.co.jp/p/食料品はヤフオク出品に適しませんが、雑貨、料理器具、アウトドア用品なども販売されています。出品すれば利益の出る商品が見つかることがあります。過去の事例価格破壊ショップの例を挙げます。その1つは、激安靴店のヒラキです。ヒラキが「180円スニーカー」を売り出した頃、大量に転売する人たちがいました。当時は、スニーカーの価格が180円というのは意表をつくほど安かったのです。転売した人たちは、1個あたり500円~1000円程度の利益になったようです。もちろん、ヒラキで買ったことは隠して出品されていました。バレてしまえば、みんなヒラキのネットショップで直接買ってしまうからです。あまりに大量購入する人が多かったので、ヒラキは「一度の購入で8足まで」といった制限をつけることになりました。当時はまだヒラキが世間に知られていなかったので、ヒラキで買ってヤフオクに出品するだけで利益が出たわけです。現在はヒラキのことが知られているうえに、中国製の安い靴が当たり前になってしまいました。ヒラキに限らず、千円以下でそこそこ見栄えのする靴が売られています。今からヒラキの靴を転売したところで通用しませんが、過去の事例としてご紹介しました。過去の事例22つめの事例は100円ショップです。10年以上前のことですが、100円ショップで仕入れてヤフオクに出品する転売屋がけっこういました。もちろん100円ショップの商品なら何でも良いわけではなく、膨大な商品の中から、ヤフオクで500円以上で売れそうなものを仕入れるわけです。100円ショップには、どう考えても100円には見えない商品もありますし、中には原価が100円以上かかっている商品もあります。あえて高品質の商品(赤字商品)を混ぜることで、クチコミ効果を狙っていると聞きました。100円ショップの転売は、セットで出品されることが多かったです。とても100円には見えない食器を3つセットにしたものが1000円で落札されたりしていました。当時は、100円ショップの店舗が少なくて、地方在住の方は100円ショップに行ったことがない人がけっこういました。100円ショップの商品が当たり前のように転売されていました。今となっては、100円ショップが日本全国に展開されていて、誰でも知っています。100円ショップでありそうなものをヤフオクで高く買う人はいないでしょう。思い込みをなくせば商材が見つかるこれらの事例からわかるのは、格安ショップが出てきたときに、その情報が知れ渡るまでに時間がかかるということです。「その場所に行けば買えるのに、送料までまでかけてヤフオクで高く買うわけがない」というのは思い込みです。知らない人もいるのです。「100円ショップの商品を500円で売れるわけがない」。これも思い込みであって、無料サンプルでさえ売買されているわけですから、買う人にはその人なりの理由があるのです。「買う人はいない」という思い込みを捨てると、利益が出る商材が見つかるものです。格安ショップを見つけたらテスト販売してみてください。上記のヒラキの例も、100円ショップの例も、1回の取引で得られる利益は少ないものです。しかし、仕入れが非常に簡単です。儲ける金額が少なくても、仕入れの労力が少ないなら、充分に価値のある手法なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする