Warning: Use of undefined constant HTTP_USER_AGENT - assumed 'HTTP_USER_AGENT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/naish/pinkkinoko.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/header.php on line 1
アウトレットと商品 | 電気代節約と節約主婦

アウトレットモールでの販売

アウトレットアウトレットモールでブランド品を購入し、ヤフオクに出品する。アウトレットとは、流行遅れの売れ残り品・通販のクーリングオフで返品された商品・包装が破れている欠落品などのことで、通常より格安で販売されています。有名ブランドの商品(バッグ・財布・アクセサリー・アパレル)が割安で手に入ります。仕入先はモールアウトレット店舗を集めたアウトレットモールが脚光を浴びています。アウトレットモールが新規開店する日、大勢の客が車で押し寄せて、渋滞になっているとテレビで放送していました。3割くらいの人は転売目的の人たちではないでしょうか。モールは日本全国にあります。ここで1つ1つ場所を羅列したらキリがないので、wikipediaで調べてください。→wikipediahttp://ja.wikipedia.org/wikipediaで「アウトレットモール」と検索してください。そのページにモール一覧が掲載されています。もちろん、グーグルで検索もできます。自分の通える範囲の地名を入れて探してください。個別ブランドの通販サイトでも「アウトレット品」のカテゴリを設けて、販売していることがあります。アウトレットモールなら複数ブランドのアウトレット品を大量販売しているので、仕入れるつもりならモールに行った方が効率的です。モールで売られている商品の中で、ヤフオク出品で利益が出るのはごく一部です。お買い得でないアウトレットも多く、ブランドや商品によって落札価格にばらつきがあります。オークファンでの落札相場研究はもちろん必要ですが、ファッションの商品知識がないと相場を把握しきれません。(家電のように品番で同一商品を検索できないため)アウトレットは不良品ではないアウトレットと聞いて、「不良品」のことだと思い込んでいる人がいますが、在庫処分品がほとんどです。通常、ヤフオクでは「新品」で出品されています。ブランド・メーカー側から見ると、アウトレットは重要な販売チャネルです。ブランドイメージを損わずに、在庫処分ができるからです。この点は、前述のファミリーセールも同様です。高級ブランドのコーチ(COACH)は、アウトレットにやたら商品が出回るので、「半額ブランド」などと揶揄されています。B級品の出品に注意アウトレットモールのほとんどは在庫処分ですが、B級品が売られていることもありますから注意してください。縫い目に乱れがあってブランドの検査基準に合格しなかった商品などです。包装の問題や返品商品なら、商品に問題がないため、ヤフオク出品時の商品説明で「アウトレット」であることを伏せることはセーフかも知れません。しかし、品質に問題のあるB級品を出品しているのに、そのことを隠して新品として売ったりするのは問題です。後々クレームが来るかも知れません。 玩具は品薄になるとプレミアム価格がつきやすい商品です。かつてタマゴッチが有名ですが、最近では、妖怪ウォッチのおもちゃ「妖怪メダル」があります。3千円の定価にたいして9千円程度で売買されていました。なぜ玩具は価格が高騰しやすいのでしょうか。経済力のある方々は、子供が喜ぶ顔を見るためなら、プレミアム価格がついていても躊躇なく購入するからです。転売屋にとっては、品薄を予想できるかどうかが重要です。万が一、玩具メーカーがしっかり供給して品薄にならなくても、ゲームと同様に、新品+新製品+人気商品なわけですから、損失は最小限に抑えられます。玩具セール品の転売も可能電気製品やアパレルがセールされるのと同様に、玩具・ゲームも格安セールされることがあります。ですから、新品商品をセールで買って、ヤフオクに出品することができます。仕入先は、トイザらスのような玩具チェーンになるでしょう。家電量販店のようにお得なセールをすることが多いからです。ただし、人気のある品薄玩具でない限り、それほど入札が入りません。家電商品のようには確実に稼げるジャンルではないので、本書ではこの手法を省略しました。Amazonには新品玩具を求める客が集まりますので、マーケットプレイスに大量出品している人たちは、「玩具セドリ」として実践しているようです。